たった30秒で、あなたの肌をシルキーな美肌に整えてくれる

実力派化粧下地

「シルキーカバー」

「現在までの売り上げ200万個突破」

「驚異のリピート率95%」

と、この数字だけ見ても

シルキーカバーがいかに多くの女性に

支持されているかがわかりますよね!

 

でも、シルキーカバーって、

どんな肌質の人でも使えるのでしょうか?

 

特に敏感肌の人は、

成分によっては肌にかゆみや赤みなどの症状が

でることがありますので、

その点はしっかり確認したいところですよね。

 

そこで今回は、

「シルキーカバーは敏感肌の人にも使用できるのか」をテーマに、

徹底検証したいと思います!

 

敏感肌ってどんな肌質なの?

まず、「敏感肌」とは

どういった肌質なのかをご説明しましょう。

 

敏感肌とは、

強い洗剤や化粧品などに対し、肌が赤くなったり、

かゆみやピリピリとした刺激を感じたりするなど

一般の人より過剰に反応しやすい肌のことを言います。

 

肌のバリア機能が損なわれ、

外からの刺激が入りやすい肌状態なのです。

原因は、遺伝的な体質をはじめ、ストレス、

食習慣、花粉、アレルギー、乾燥など外的な要因も多く、

現代に生きる私たちの誰もが、

敏感肌になる可能性を持っているとも言えます。

 

シルキーカバーの成分とは?

それでは、シルキーカバーの成分には、

どんなものが含まれているのかをご紹介しましょう。

 

【全成分一覧】

ジメチコン、シクロペンタシロキサン、

(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、アクリレーツクロスポリマー

(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、

トリメチルシロキシケイ酸、イソノナン酸イソノニル

ジメチルシリル化シリカ、セシリン、アーチチョーク葉エキス、

加水分解コラーゲン、プラセンタエキス、ヒアルロン酸Na

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、

ポリクオタニウム-51、エタノール、水、ヒドロキシプロ

ピルキトサン、フェノキシエタノール、カルボキシメチルキチン、BG

 

ほとんどが、化粧品やサプリ等でよく使われている成分ですね。

しかも石油系成分(鉱物油)は一切不使用!

 

さらに肌に負担をかけると言われている

「旧厚生省表示指定成分」

一切使用していないという徹底ぶりです(^^)

 

無香料、無着色、パラベンフリー

しかもすべて「国内生産」というこだわり。

「MADE IN JAPAN」が信頼の証ですね!

 

シルキーカバーは敏感肌の人も使用できるの?

それでは、

シルキーカバーは敏感肌の人も使用できるのでしょうか?

その答えは…

「基本的にはOK

です(^^♪

 

成分や国内生産など、細かいところまで

こだわり抜いたシルキーカバーですから、

基本的には、敏感肌の人にもご使用いただけます。

しかし!

「かなり症状の重い敏感肌の人」には

おすすめできません!

 

なぜなら、シルキーカバーには防腐剤として

「エタノールとフェノキシエタノール」が

含まれているからです。

 

これらは一般的な化粧品に含まれる防腐剤ですが、

敏感肌の症状が重い人が使用すると、

皮膚がかぶれる可能性があります。

必ず使用する前に「パッチテスト」を行い、

赤くはれたり、かゆみやかぶれが出た場合は、

使用は絶対に控えて下さい。

 

また、パッチテストでそのような症状が出なかった人でも、

目元や口元などの皮脂の少ない部分には

あまりつけないようにしましょう。

かぶれなどを引き起こす可能性があります。

 

くれぐれも使用上の注意を良く守り、

自分の肌への影響を考慮しながら

使用するようにして下さい。

 

まとめ

いかがでしたか?

シルキーカバーは敏感肌にも使用できるのか?という疑問について

検証してきました。

 

シルキーカバーは、石油系油など肌に良くないとされる成分を

一切使用せず、国内生産にこだわるなど、

製品の安全性には強いこだわりを持っています。

 

ですから敏感肌の人も、パッチテストを行うなど、

自分の肌質と相談しながら使えば

基本的にOKということがわかりました。

(しかし、肌にかゆみや赤み、かぶれなどの症状が出た時には

速やかに使用を中止して下さい。)

 

使用上の注意を守れば、

敏感肌の人も使用可能なシルキーカバー

みなさん、ぜひ一度体感してみて下さいね

 

シルキーカバーの公式サイトは

↓ こちらからどうぞ^^ ↓